yumikonoaroma’s diary

日常に役立つハーブやアロマテラピーについて書いています?

マリナジェルで簡単♪ローズのジェルローション

f:id:yumikonoaroma:20161008235001j:plain

またまたご無沙汰です。

ハーバルセラピストの試験日が近づき、全く余裕のない日々を過ごしています。

ハーバルセラピストの試験には、

12種類の精油の各論も出題範囲です。

アロマテラピーアドバイザーの資格がある事を理由に、なかなかアロマテラピーの範囲を後回しに

してしまいましたが、、

けっこう覚える事があるんですね。。汗

ずっとハーブでの健康管理にはまっていましたが、

最近は、芳香浴などして、リラックスや勉強集中時に使っています。

今日はグリーンフラスコで買ったマリナジェルを使い、ローズウォーターを使ったジェルローションを

作りました。

⚫️材料&作り方

マリナジェル1袋

ローズウォーター 40ml

無水エタノール 2ml

グリセリン 2ml

ゼラニウム精油 2〜3滴

先に無水エタノールを混ぜてマリナジェルをしっかり溶かしてから、ローズウォーター、ゼラニウム精油を入れて、マリナジェルの塊ができないようにかき混ぜました。

お肌の弱い方は、無水エタノールの代用でグリセリンが使えるようです。

私は敏感肌なので、よほど肌の状態が安定していない限り、アルコールでピリピリしてしまいます。

よって、無水エタノールは基本、スプレー以外には使っていません。

今回は私の復習も兼ねて、

ゼラニウムとローズのお話し。

⚫️ゼラニウムローズゼラニウム

学名 Pelargouium graveolens

Pelargouium odoratissimum

科名 フクロソウ科

抽出部位 葉部

抽出方法 水蒸気蒸留法

成分 シトロネロール、ゲラニオール、リナロール、

メントン

作用 緩和、調整

適応 心身のバランス

ゼラニウムは、多くの女性に好まれる香りです。

香りがバラのように甘く、高揚感をもたらせてくれ

ます。ローズの精油よりもリーズナブルに手に入るのも魅力のようです。

かつて知人と一緒にミツロウで練香を作った際、

彼女のリクエストのゼラニウムを用意したところ、

香りを嗅いだ彼女は、最高の笑顔で、

「やはり私はゼラニウムが大好き! 」と

おっしゃいました。

作った練香は他にもスイートオレンジなど、

甘さを重視した香りに仕上がりましたが、

とても喜んで帰っていかれました。

じつは、筆者は、ゼラニウムの香りが得意では

ありません。

ゼラニウムを嗅いで、好き! と思ったときは、

やはりじぶんの中の感情面の変化やホルモンバラン

スが深く関わってきていると感じます。

では今回、ゼラニウムを選んだ理由は、、

ゼラニウムは、美容面では皮脂のバランスを調整してくれる役割があるからなんですね。

筆者、先日、美容カウンセラーさんに肌診断を

受けたのですが、

「水分はそこそこだが、肌の油分が若干多め」

でした。

理由はおそらく、

睡眠不足。

十分な睡眠を取れていないと、肌の油分が活発に

生成されるそうです。

確かに乾燥肌の割に、ニキビがよくできます。

ストレス、睡眠不足はお肌に悪いんですね。。。

精油の香りは、成分はもちろんですが、

自分の好みで選択をするのが大切です。

香りと、ヒトの精神学や生理学的な面の関わりは深く、自分の心の状態で、好きな香りが変わることはしばしば。

そしてまたどんな状況でも、お気に入りの香りはありますよね。

それはあなたの性格や深層心理、身体の状態などを表しているのかもしれませんね。

長年トリートメントをされているアロマセラピストさんには、選ぶ精油によって、クライアントの背景が見えることがあるようです(ドキっ)。

だからこそ、トリートメントを受ける際は、

信頼できるセラピストさんに、

香りと共に自分を委ねたいですね。

ローズのお話をしようと思いましたが、

また次回にします。

なにせ、睡眠はお肌の状態をコントロールしますから。

読んでいただき、ありがとうございます。