yumikonoaroma’s diary

日常に役立つハーブやアロマテラピーについて書いています?

子供が教えてくれること

次女の体操教室の帰り。

いっしょにきた長女が、公園で

「すごく綺麗に色が変わってるー!」。

見上げたら一本のイチョウの木。


f:id:yumikonoaroma:20151117182950j:plain


毎週通ってるのに、全く気づかなかった。一緒にいた近所のママさんが、

「子供と一緒にいないとなかなかきづけないね」

と。


そうだねー(しみじみ)...

アロマ、アロマ、と最近は頭がガチガチで、目の前の自然に気づけなかったな。


そういえば、数日前ベランダから見える三日月?に気がついたのも、

5歳の次女だった。


子供は自然を見つけるのが上手。

身近にあるのに、オトナはどうして気づけないんでしょう(°_°)

下を向いてばかりいないで、上を向いて歩こう


洗濯物が乾かなくて、もういいや!とお気に入りのドライフラワーの近くにバスタオル干したら、紫陽花の優しい香りに癒された。

これも上を向いたから?  笑


志し高く、期待して参加したアロマの協会を退会して、気持ち沈んでました。後悔はしてない。でもこれから先のことを見失っていた。


自分が香りに癒されて、自然や木や花が大好きで、それだけでもいいじゃないか、と思い直し。


ヨガには「知足」という考え方があり、

既に自分が持っている、満たされていることに感謝し、生きていきなさい、というもの。


自分が子供と毎日過ごせること、毎日食べるものがあること、住むいえがあること。

それは当たり前のようで当たり前ではないんだ。


毎日、自分の周りの全てのものに感謝し、生きていくこと。

そんな簡単なことができなくて、人にアロマやハーブを伝える、なんてだいそれたことをしてました。


知識が増えるほど欲が深くなり、本当は気付いてたことからも目を逸らしてた。



子供は毎日、いろんな事を教えてくれる。

育ててあげているのではなく、

自分が育ててもらっている⭐︎


子供に感謝。

自然に感謝⭐︎

自分を取り巻く全てに感謝⭐︎ 


namaste.  ナマステ

om.  オーム


(私にヨガを語る資格はありませんが、大好きな言葉です)